【大坂なおみ、感受性が強いが故の苦悩休養に潜むリスク】

日経新聞
2021-09-21 15:50:01

サッカー欧州選手権に始まり、東京五輪、パラリンピックでクライマックスを迎えた「スポーツの夏」は、全米オープンテニスの驚きの結末で幕を閉じた。男子シングルスでは1969年のロッド・レーバー以来、同じ年に四大大会すべてを制覇する年間グランドラムを狙ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)が偉業目前で歴史の重圧に押し潰された。一方、女子シングルスでは世界ランキング150位で臨んだエマ・ラドゥカヌ(英国)

友達と共有する
URL

このニュースメッセージを共有したいですか?ウェブサイト

メディアニュースランキングいいね!

政治

    世界

      ソーシャル

        エンターテイメント

          科学

            教育

              スポーツ

                ビジネス

                  スポーツ