【ESG開示乱立基準の統一模索、日本も主導権争い参入】

日経新聞
2021-09-21 05:10:01

企業のESG(環境・社会・企業統治)情報開示で統一の国際基準を模索する動きが出てきた。国際会計基準づくりを担うIFRS財団が2022年6月までに基準策定を目指す。これまでは気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に基づき各国・団体がバラバラに制度をつくってきたが、共通のものさしができれば透明性が高まる。自国に不利な仕組みにならないよう、各国の主導権争いも始まっている。IFRS財団は

友達と共有する
URL

このニュースメッセージを共有したいですか?ウェブサイト

メディアニュースランキングいいね!

政治

    世界

      ソーシャル

        エンターテイメント

          科学

            教育

              スポーツ

                ビジネス

                  スポーツ