【五輪とコロナ医療両立は可能?東大病院長に聞く】

テレ朝news
2021-05-05 01:30:02

東京オリンピック・パラリンピック期間中、医療スタッフは一日最大で、医師300人、看護師400人、大会期間中の2カ月間に約1万人が見込まれています。さらに、選手用と観客用の医務室を130カ所以上を設置し、入院が必要な選手など大会関係者を受け入れる病院も30カ所以上を確保する予定だということです。 厚生労働省アドバイザリーボードのメンバーで、重症者の受け入れ対応にあたっている東京大学医学部附属病院・瀬戸泰之病院長に話を聞きます。 (Q.現実的に可能ですか?) 現在の感染状況が続いている場合、かなり難しいと思います。救急の現場はひっ迫していて、オリンピックへの協力となると救急医療が中心になるので、どうしても重なってしまいます。 (Q.ワクチン接種に影響はありますか?) ワクチンを接種する役割と、救急医療を担う役割は別と考えていいと思います。

友達と共有する
URL

このニュースメッセージを共有したいですか?ウェブサイト

政治

世界

ソーシャル

エンターテイメント

科学

教育

スポーツ

ビジネス

スポーツ

9ホームメディア、ニュース今日合計 697 ニュース

産経新聞
546 ニュース
NHK NEWS
72 ニュース
朝日新聞デジタル
34 ニュース
日経新聞
21 ニュース
テレ朝news
18 ニュース
大紀元時報
6 ニュース
毎日新聞のニュース
0 ニュース
新着ニュース
0 ニュース
TBS NEWS
0 ニュース
毎分更新する

ニュースの好きなものを分析する

5 分
5 分
子どもの下痢 (いいね: 0) ( 大紀元時報 )
5 分
月経痛の鍼灸治療 (いいね: 0) ( 大紀元時報 )
5 分
漢字の紐解き「心」 (いいね: 0) ( 大紀元時報 )