【慶応大、脊髄損傷臨床研究申請】

毎日新聞のニュース
2018-12-19 04:16:01

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、脊髄(せきずい)損傷患者の治療を目指す臨床研究で、慶応大は18日、実施を厚生労働省に申請(17日付)したと発表した。早ければ来年1月から同省の専門部会で審議され、来年中にも治療を始める。

友達と共有する
URL

このニュースメッセージを共有したいですか?ウェブサイト

メディアニュースランキングいいね!

政治

    世界

      ソーシャル

        エンターテイメント

          科学

            教育

              スポーツ

                ビジネス

                  スポーツ